ナスカ地上絵は何のためにあるか?

OFF

ハーイ
ルミ~です。

さて、今日の話題はナスカの地上絵
先日、ゆるキャラ風の新しい絵がみつかりましたね!

ナスカゆるキャラ

ナスカの地上絵
広大な場所に巨大な動物の絵がある。
有名なものでいうとハチドリ、サル、クモ、コンドルなど。
近くに高い山などないこの地域に、上空300メートル以上でないと確認できないだろうと思われる絵が、いくつも描かれています。
近年発見された全長50キロにもおよぶ「巨大な矢印」は宇宙からしか確認できなかったんだって。
飛行機も無い時代に誰が、どうやって何の目的で描いたのか…

なぜ、このようなものがあるのか?
考えられている諸説は下記のとおり。
① 天体観測によってナスカ人が考え出した星座を表現したという説
② 土着信仰に基づく、精霊や神格化された動物を表現したという説
③ 宇宙よりの飛来物が来るときの目印説

やや正しい説は③の宇宙よりの飛来物が来るときの目印説みたい。

エール様 教えてください♪

文明が地球上で何度も淘汰され、破壊され消えてった遺跡はたくさんあった。
しかし、巨大なものは消去されづらい。
かつての文明の残骸がピラミッドであり、ナスカの地上絵だ。
どれだけ巨大な人が描いたの?と思うかもしれない。
ナスカ地上絵は、ただの標(しるべ)的な役割。
標は、地球に配置した種族のマークを印し、地球アクセス時の目印とした。
宇宙種族がアクセスするとき、空港のような役割をしていたのが、ナスカ近辺のエリアだ。
地底のある施設とつながっているため、ナスカ地域がアクセス地となっていた。

この絵は旧文明の遺物。
現代文明から想像つかないと思うが、かつての文明の残骸なんだ。

ふーん、そうなんだ~。
でも、かつてあった発達した宇宙文明のわりに、幼稚な絵だと思うわ~

それはね、
ルールがあったからなんだ。
動物の絵を使うようにってことと
人工的でなく目立たなく自然に隠れる単純な絵にするようにということ。
いかにも幾何学模様で先進的なマークだとルール違反だった。

ただ、見てもわかるとおり、渦巻きや、行き来する線が多用されているね。
人間の目でみると平面だが、立体的、多面的な役割が強いのがナスカの地上絵。
見えない部分での細工が施されているんだ。
他宇宙種族のための磁場調整、エネルギー調整の役割を今でも担っている。
実は、異文化のものなので、潰したほうが人類のためなんだ。
他宇宙人の干渉が今でも入りやすいのは、その影響もある。
アクセスしやすくなり、縄張り主張もしてくる。危険すぎる遺物だ。
実際、ペルー近辺では、UFOの目撃も多発しているだろう。

今の時点で’ナスカの地上絵’について伝えられることは、その程度。

グレイ系の宇宙人は有名だけど
ナスカの地上絵でいうと、ハチドリを描いた種族だ。
アメリカ エリア51の地下に基地をもっており、技術提携もしている。
今、地球に影響を与える宇宙種族で有力な者達は、ほとんど地上絵に関与している。
それだけ多くの宇宙種族がいるということ。

hachi

そうだね。
ミステリーサークルも同じような働きだね。
こちらは近代化された幾何学模様。
小麦畑に描くのは、小麦の波動が高いからなんだ。
こちらも立体的、多面的なエネルギー的な見方をすれば、本来の隠されている働きが見えてくるだろう。
こちらも人類にとって、危険な物であるが、それを認識している人間は少ないだろう。

ありがとうございました。

なるほど♪と思ったらクリックよろしくネ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

This post was written by , posted on 4月 13, 2013 土曜日 at 9:41 pm

Comments are currently closed.

  • 無限愛 より:

    待ってました、お帰りなさい。またあなたからのメッセージが聞ける事がとても嬉しいです。これからまた楽しみにしております。

  • 海外のおっさん より:

    うわぁー!何なんだろうこの変貌振りは(笑)。波動が高いというか羽毛のように軽いと言うか・・・・でもこのフィーリングは大好きです。以前のように「あるイベントの期限」という制約がなくなったから?なにはともあれ嬉しいです。心からそう感じております。よしっ!今日もがんばるぞ!

  • さかな より:

    リリーさぁん!またブログを読めて嬉しいです。
    今回のナスカの地上絵のお話も、謎の答えを教えていただき、気分がすっきりしました(笑)
    くれぐれも心身、無理のないよう続けてやってください。

  • 黄色好き より:

    リリーさんお久しぶりです。

    偶然再度ブログを読むとここに行けました。

    再開、感謝しています。

    そのうち、ご相談もあるので、機会を作って是非、行きたいものです。

    このブログを始めたという事は、色々とひと段落ということでしょうか?

    又、応援します!!