創世記の人はなぜ長命? 

OFF

こんばんは
ルミ~です。

ブログを書く励みになりますので応援クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Tank you~♪クリックが多かったら、ブログ書きがんばるわ♪

今日のテーマは創世記の人はなぜ長命?です。

聖書の創世記の人々が驚くほど長命であることは謎に包まれています。
なぜ、創世記の人々は1000歳近くまで生きたのでしょう?
本当に1000歳近くまで生きたのでしょうか?

例)アダム930歳、セツ912歳、エノシュ905歳などなど。

930歳など1000歳近くまで生きた人間が登場しますね。
同じ地球上の人種なのに、なぜ?初期の人間は長命だったのか?
その謎を教えていただきましょう。

ルミ~☆     
地球の管理者エール様
教えてください。
                  

エール
ハロー
簡単に伝えるね。

かつて人類が誕生した頃、地球の自転は定まってなかったんだ。
1日が数時間しかなかったり、短かい日が多かったんだ。
初期の頃の出来立ての地球は自転速度が早く、1日が3~5時間程度。

球とか回すと、始めの頃の回転は早いだろう?
それと一緒。
地球も球だからね。
1日が24時間に固定されたのは、だいぶ後の話しだ。
創世記の頃は一日が短かった。

1日の数え方として、日の出 から 日の出までを1日とカウントしてたんだ。
それが、人間にとっても明確な数え方だからね。

1日がたとえ、数時間でも、暗い夜が明けると、1日経過したと判断してたのが当時の人間だよ。

よって、不安定な地球の自転により、日がカウントされ、年齢としての通用されていたというのが実情。

人間の肉体が1000年ももつわけはなく、150歳が限界でしょう。

当時の年齢は1000歳近くまでになっているが、1日は24時間と定まってたわけでないので、
時間換算して、24時間方式で年齢を算出すると、150歳未満でおさまるはずだよ。

例えばアダム
930年生きたことになってるね。
その当時は一日が3時間くらいだった。
アダムが1年あたり何時間生きたかというと 365日×3時間=1095時間
よって、生涯では
930年×1095時間で1018350時間生きたことになる。

現代は24時間で一日を表すから
1018350時間÷24時間=42431.25日生きた。
一年は365日なので、何年生きたかというと・・・
42431.25日÷365日=116.25年(歳)

アダムは116歳まで生きたことになる。

人間の肉体限界が150歳なので、116歳というと妥当だろう。
116歳というと、やはり長命だね。

だいたい、このようにして現代の年齢に変換できる。
アダムの頃は、1日が3時間くらいだったが、固定でなく、3~5時間くらいと考えればいい。

納得かな?
                                                      

ルミ~☆     
はーい。ビックリ。納得しました。
でも、その原始的?な時代の人が、しっかり日数を数えたとは思えないんですけど~。
                                                       

エール
いい質問だね。
知性はまだ未発達。
誰が年齢を数えてたかということになるね。
少し、ごまかしてしまうけど、’観察者’の記録が使われている。
’観察者’というと誰だと思う?
                                       

ルミ~☆     
たぶん、◯◯◯
                    
エール
ご名答!
でも、聖書はアメン側の書物。
情報が盗まれて使われてるってことを理解してね。
ノアの話、エノクについては、次の話にしよう。
                               

ルミ~☆     
は~い。
ありがとうございました。
                   

( ̄。 ̄)ホーーォ。ナルホドと思ったらクリックよろしくネ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ありがとうございま~す

参考までに聖書の創世記の文章を載せておきますね。
ホント、長生きなんですが、その年齢の謎が解けましたね♪

===========================
創世記 第5章
5 これがアダムの歴史*の書である。神はアダムを創造した日に,これを神に似た様にお造りになった+。2 男性と女性にこれを創造された+。そののち[神]は彼らを祝福し,その創造された日に+彼らの名を“人*+”と呼ばれた。

3 そしてアダムは百三十年のあいだ生き,そののち自分に似た,自分の像どおりの子の父となり,その名をセツと呼んだ+。4 そして,セツの父となった後のアダムの日数は八百年になった。その間に彼は息子や娘たちの父となった+。5 それで,アダムの生きた日数は全部で九百三十年となり,こうして彼は死んだ+。

6 そしてセツは百五年のあいだ生き,そののちエノシュの父となった+。7 そして,エノシュの父となった後セツは八百七年生きつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。8 それで,セツの日数は全部で九百十二年となり,こうして彼は死んだ。

9 そしてエノシュは九十年のあいだ生き,そののちケナン+の父となった。10 そして,ケナンの父となった後エノシュは八百十五年生きつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。11 それで,エノシュの日数は全部で九百五年となり,こうして彼は死んだ。

12 そしてケナンは七十年のあいだ生き,そののちマハラレルの父となった+。13 そして,マハラレルの父となった後ケナンは八百四十年生きつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。14 それで,ケナンの日数は全部で九百十年となり,こうして彼は死んだ。

15 そしてマハラレルは六十五年のあいだ生き,そののちヤレドの父となった+。16 そして,ヤレドの父となった後マハラレルは八百三十年生きつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。17 それで,マハラレルの日数は全部で八百九十五年となり,こうして彼は死んだ。

18 そしてヤレドは百六十二年のあいだ生き,そののちエノク*+の父となった+。19 そして,エノクの父となった後ヤレドは八百年生きつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。20 それで,ヤレドの日数は全部で九百六十二年となり,こうして彼は死んだ。

21 そしてエノクは六十五年のあいだ生き,そののちメトセラの父となった。22 そして,メトセラの父となった後,エノクは三百年のあいだ[まことの]神*と共に歩みつづけ*,その間に息子や娘たちの父となった。23 それで,エノクの日数は全部で三百六十五年となった。24 こうしてエノクは[まことの]神と共に+歩みつづけ+,そののちいなくなった。神*が彼を取られたからである*+。
============================

This post was written by , posted on 4月 24, 2013 水曜日 at 8:11 pm

Comments are currently closed.