天国と地獄はある?

OFF

こんにちは
ルミ~です。

ブログを書く励みになりますので応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
Tank you~♪クリックが多かったら、ブログ書きがんばるわ♪

なんと!
ブログ村の哲学・思想ジャンル、スピリチュアル・精神世界ジャンルで
2位になりました 新ブログを立ちあげて、12日めの快挙でした。
みなさまのおかげです
このブログを受け入れ、応援くださってありがとうございます

クリックをたくさんしていただいたので、今日は、感謝をこめて スペシャルな記事を書きます。

今日のテーマは 天国と地獄はある?この世の悪事は裁かれるか? です。

もっとHappyな記事を書きたかったのですが、流れとして、この情報が来てますので書いておきます。
次回あたりはHappyな記事を書きますので、お許しくださいね。

あの世には天国と地獄があり
善人は天国へ行ける
悪人は地獄で裁かれる           というお話は聞いたことがあると思います。

小さな頃に聞いた思い出のある方も多いのではないでしょうか?
嘘をつくと警察に捕まっちゃうよ。
泥棒をすると地獄に落ちちゃうよ。
人間世界における一般的な道徳的な行為に反することで地獄へ落ちると言われています。

さて、地獄というところは、あるのでしょうか?
どんなところでしょうか?
この世の悪事は裁かれるのでしょうか?

ルミ~☆     
ハロー
エール博士 教えてください。
お願いします。
                  

エール
ハーイ
ネガティブな質問だね
どうしたの?

ルミ~☆     
周りを見ていて悪事が多すぎる状況が見受けられます。
個人レベルでも社会問題レベルでも反省もなく、言い訳達者で逃れる人が多いです。

悪いことをしても反省がない世の中の傾向
ごまかしの多い社会となっている状況ではないかと思います。
明らかに、昔と違って悪事が裁かれないのではないかと思いますが
このようなことは許されるのでしょうか?

社会的には、
原発、電力会社、基地問題、政治家、談合、裏取引、人身売買的ビジネス、宗教などなど。
個人レベルでは、・・・多すぎ。

悪事が許され、その影で泣いてる人は多い。
堂々と悪事がのさばる時代。
おかしな世の中の傾向に疑問を思ったので、教えていただきたく聞いてみました。

                  

エール
深刻な空気だねー
それについても話したいことがあったので、ちょうどよかった。
まず、人は死んだら、どのようなところに行くか知ってるかな?
                                      
ルミ~☆     
一般的にいわれてることは、
死ぬとき、走馬燈のように、その人の人生が駆け巡り
体から霊体が抜けて
三途の川を渡り、あの世に行く。
あの世では、親戚や知人との再会もある。
閻魔様に記憶のすべてを確認され、裁判のようなものを受けて
天国、地獄に振り分けられる
よい人は天国へ。
悪い人は地獄で罰を受ける。

・・・って感じです。小さな頃に聞いたことかも知れませんけど、一般的に伝えられてることと思います。

でも、私が思う死後の世界は
閻魔様もいなく、天国、地獄もなく
想念の世界ではないかと思います。
心、思いの状況により、悲しい心、悔やむ心なら、その域にいき、その想念が作り出す世界に浸る。
楽しい、嬉しい心なら、その域で、楽しく過ごす。
会いたい人にも会おうと思えば会える
ソウルメイト(魂の絆の者達)とも望めば会える。
落ち着いたら魂の学びの時間もあって、長い年月をかけて転生の準備をする

・・・という感じです。
                                                        

エール
OK!確認しよう。

閻魔大王、天国、地獄の話は人間社会で作られた話だ。
閻魔大王に裁かれ
天国、地獄に振り分けられる

それは、人間社会での道徳的規律を守らせるために広められた話だろう。
なかなか良い話だね。

悪事をしようとしても、ブレーキがかかるね。
閻魔様に見られているとしたら、こわくて悪事はできないだろ?

                 
ルミ~☆
私の場合は、
閻魔様よりも、
神様がみているので悪いことはしてはいけない って気もちが強かったかもしれません。
空の上から、神様は、ひとりひとりを見ているって
子供の頃、漠然と思ってました。
宗教はしてなかったですけど、漠然とした薄い感覚でした。
悪いこととは全く無縁でした。たぶん真面目だったので。
嘘をつくことすらできなかったです。

余談ですが
去年あたりから、地獄という絵本がベストセラーで怖いと評判ですよ。
腕白盛りの子供さんとかに読ませたら、悪いことをする回数が減ったとか、効果テキメン!とかレビューがありました。^^

                                            

エール
興味深い絵本だね。
「血の池地獄」とか、「針地獄」「火あぶり地獄」に「かまゆで地獄」なんて、人間の創造的な部分に感心しちゃうね。
悪事が減るなら、役に立つ絵本だね。

そうだね。
閻魔様はいないので、あの世へ行っても、今世の生き方、内容を裁かれる裁判はない!と言っておこう。
しかし、君は知ってるね?
神はすべてを見てることを。
閻魔様でなく、神が見てることを理解することだね。
直接的でなくとも、人間の脳の情報エネルギーを見ることで、その人間の情報が即時にわかるんだ。
それが、走馬灯と関係する。
神が人間の脳を確認するときに、みえるのが走馬灯だ。

君は走馬灯を何度か見たよね?
何に使うか知ってる?

                                                      

ルミ~☆   
走馬灯は、死に瀕したら見ると言われてますけど。

自分では忘れていた過去だけども、実感、感情をもってビジョンとして見せられる感じでした。
短い時間だけど、流れて流れて、感情も流れ 忘れていた過去に戻る感じのビジョンでした。
脈絡もなく、たくさんの過去の情報がつながって流れている感じでした。

思うんですけど、脳の情報整理のような感じですね?

何に使うかは、あの世に行って、この世の反省をするときに確認するエネルギー的な情報ではないか?と思いました。

               

エール
走馬灯を見ても、無事に生きててよかった。リアルすぎて言葉がでなくなる。
本来、生きてる人間が見る物ではないんだ。

気分が暗くなったので、切り替えるヨ。

その走馬灯だけど、お察しの通り、エネルギー情報なんだ。
霊体に蓄積される場所があって、脳の情報をエネルギーに変えて保管している。
その情報は、ソウルメイト(魂の絆の者達)で学びの情報として共有するよ。

あの世に行って、ソウルメイトとともに、今世の反省をするんだ。
恥ずかしいと思うだろ?
おかしなことはできない と思うだろ?
ましてや、悪事はできないね。^^

ソウルメイトの数は数人から数十人。
社会的に影響を与える人間なら、数百人から数千人になるよ。

反省をして、学びを得て、次世に委ねる。
それが、あの世ですることだ。

人間として生きてる間は、見当もつかず、信じられないことだと思うけど、
そのような感じになっているんだ。

閻魔様に裁かれるのではなく、多くの魂の仲間に評価、反省を求められるんだ。
だから、悪事を多くしてると、心の中は、針のムシロで、地獄のような感じだろうね。

そんな感じで考えると、地獄は本当にあるね!

天国も、もちろんあるよ。
懐かしい魂の絆の方々と再会をして、もちろん喜びあい、ともに過ごせる。
これが、天国だろう。
思い思いの行動ができる それも解放された心ならでは だ。

しかし、この世で生きた心の整理ができるまでは、解放された心になれないので
天国の居心地にはならないだろうね。

人生の整理は、あの世に行って、かなり長い期間に渡るんだ。実は。
孤独な期間が多い。
あの世に行ったら、まずは自己反省の期間。
変化した状況に慣れ、孤独の中で人生を振り返る。
孤独の状況の中で心に何を映すか ?
ネガティブな感情が多いと、その記憶が回想される。
ポジティブな感情が多いと、楽しい思い出の中にいられる。

君の想念の世界で過ごす という話も実は正解なんだ。

この話ね。ほぼ正解。始めに神のチェックの時間とかあるけど、ほとんど一人の世界が長い。
*———————————————–*
でも、私が思う死後の世界は
閻魔様もいなく、天国、地獄もなく
想念の世界ではないかと思います。
心、思いの状況により、悲しい心、悔やむ心なら、その域にいき、その想念が作り出す世界に浸る。
楽しい、嬉しい心なら、その域で、楽しく過ごす。
会いたい人にも会おうと思えば会える
ソウルメイト(魂の絆の者達)とも望めば会える。
落ち着いたら魂の学びの時間もあって、長い年月をかけて転生の準備をする
                           Lily
*———————————————–*

実は、この期間が長い。

たいていの場合、死に至った衝撃から、心が平静になるまで、かなりの期間になる。
心が落ち着いて、環境の変化に適応できるまで数十年かかるだろう。

数十年と言ったけど、50年くらいなんだ。

長い魂の旅路とわかるだろう。

それだけ、心はデリケートだ。
安易に人の心を傷つける風潮も人間社会で見受けられるが、心を大切にすべきだ。
回復するまでに時間がかかる。

ハラスメント、虐待、いじめ、嫌がらせ、洗脳など許すべきことではない。
心も傷つくし、魂も傷つき回復に時間がかかる。

被害側は大きなダメージを受ける。回復に時間がかかる。
人間として、たいしたことない、平気と思っても、潜在意識に伝わるものは、大きな被害を負っている。

そのような行為による被害の大きさを認識すべきだろう。

もちろん、加害者側は、大きな咎(とが)を負う。
本人がとぼけようが、言い逃れようが、脳に情報として記録があるので、その罪から逃れられない。
本人の意識としては、罪でなくとも、ソウルメイト、さらに上のレベルの者による追求がある。
罪はきちんと精算しなければならない というのが、この宇宙のルールだ。

人間レベルで考えると、言い逃れができて、罪を消したつもりでも
あの世では、公正に裁かれるので、罪はきちんと精算されることになる。
それが、この世と、あの世のルール。
宇宙の掟だ。

昨今の社会ニュースでも気になる事件は多かっただろう。
犯罪者に対する判決が軽すぎると思ったことも何度かあったね。
罪を言い逃れて、大きな顔をしている人間もたくさんいたね。
個人レベルから、社会レベルまで
善悪のルールが緩んでいるのではないかと思うほどの状況だ。
それは、こちらも危惧していた。

・・・ということで、

悪事をすると、逃れられない という話になっちゃたね。

 

ルミ~☆     
ハイ。
長い話、ありがとうございました。
隠されてしまう犯罪、小さなイジメレベルでも、罪は罪。
あの世で責任を追及される・・・
・・・ってまとめちゃいました。

内容が、ややヘビーだったので、軽めにまとめたつもりです(笑)

                 

エール
GooD!!
厳しい内容すぎてゴメンよ。
さらに、知りたいこともあるだろうから、おいおい話そう。
                               

ルミ~☆     
ハイ
ありがとうございました。
最後にHappyな一言、お願いします。←強引w

                  
エール
心を清くし
あなたの幸福な世界へ行けるよう努めよ
さすれば、幸福な未来へ到達す。

                               

ルミ~☆     
ハーイ
今日もありがとうございました。

                  
・・・ということで、ときどき、こんなお話も書いていきたいと思います。
クリックが多かったら、スペシャル記事として書きますね

( ̄。 ̄)ホーーォ。ナルホドと思ったら応援クリックよろしくネ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ありがとうございま~す

This post was written by , posted on 4月 29, 2013 月曜日 at 6:18 pm

Comments are currently closed.